日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 催し物のご案内 > 平成29年度 公開講座

平成29年度 公開講座

 狭山池および郷土に関する資料等の調査研究は、大阪府立狭山池博物館が行う主要な事業の一つです。調査研究事業の最新の成果をいち早く府民一般に公開し、博物館に関する府民の理解をより一層深めるため、下記の通り、館学芸員による公開講座を開催いたします。

開催日・テーマ
第1回 平成30年1月20日(土) 西川寿勝「重源はどの古墳から石棺を運んだのか」
 第2回 平成30年2月10日(土)   宮崎泰史「狭山池ダムから近現代のダムへ」
 第3回 平成30年2月17日(土) 大野 薫「河内平野の条里型水田」
 第4回 平成30年2月24日(土) 岩瀬 透「大阪府城山遺跡でみつかった古墳
                       -亀井遺跡の水田開発にかかわった人たちの墓-」
時 間各回とも午後2時~午後3時30分(受付は午後1時30分から)
会 場2階ホール
参加費無料
定 員126名
参加方法当日先着順(事前申し込みは不要)
問い合わせ大阪府立狭山池博物館 TEL.072-367-8891
→閲覧・印刷用PDF
Copyright(c) 2018 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.