日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 令和2年 震災写真展 「阪神・淡路大震災から25年~技術者の想い~」

令和2年 震災写真展 「阪神・淡路大震災から25年~技術者の想い~」

  • 期間令和2年1月5日(日)から令和2119日(日)まで
  • 会場常設展示室第5ゾーン
  • 展示概要令和2年1月17日で阪神淡路大震災から25年経過するなか、大規模災害に対応した技術者も少なくなっている。

  そのため、当時の写真や復旧対応、技術者の想いなどを集めて被災状況や復旧事業に携わった人々の様々な苦労や熱意を広く一般の方々や若手技術者に伝え、将来の土木技術の発展に寄与するとともに当博物館の設置目的のひとつである「土木事業の歴史的役割に関する府民の理解を深める」ために狭山池博物館において震災写真展を行う。
  また、提供・借用頂く資料を有効利用しながらより広く一般の方々等に伝えるため、狭山池博物館だけでなく府域の他の展示可能な場所で巡回展示を行う。

  • 入場料無料
  • 主催:大阪府富田林土木事務所 

 

 

Copyright(c) 2020 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.