日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 出版物のご案内 > 大阪府立狭山池博物館『研究報告』9

大阪府立狭山池博物館『研究報告』9

  • 体裁:体裁:A4判、オールカラー126頁
  • 価格:500円
  • 送料:300円/1部、350円/2部 (まとめてご購入の場合は、送料をお問い合わせ下さい。)
  • 発行日:平成30(2018)年3月35日
  • 内容:古代の土木技術・狭山池出土資料・狭山池関連の文献史料の研究論文 5本。
       および、博物館ボランティアの活動実績など、博物館の事業実績報告 5本。
  • 目次:本文
       百濟の土城築造技術の検討      李 奕熙
       古代菁堤の基礎的研究        小山田宏一
       狭山池石棺群の石種と産地      奥田 尚 西川寿勝 加藤治樹
       重源はどの古墳から石棺を運んだのか 西川寿勝
       勤操と狭山池―狭山池所に関する試論―藤井貴之
      :付載
       ①狭山池博物館におけるボランティア活動
       ②『研究報告』論文一覧
       ③ 平成28年度・29年度活動一覧
       ④ 平成28年度・29年度館蔵資料貸出一覧
       ⑤ 狭山池博物館刊行図書一覧
Copyright(c) 2018 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.