日本最古のダム、国史跡狭山池。大阪府立狭山池博物館はその土木遺産を未来へ継承します。

Home > 出版物のご案内 > 大阪府立狭山池博物館図録12 『平成23年度特別展 古代狭山池と台地開発のはじまり』

大阪府立狭山池博物館図録12 『平成23年度特別展 古代狭山池と台地開発のはじまり』

大阪府立狭山池博物館図録12 『平成23年度特別展 古代狭山池と台地開発のはじまり』

 

 

 

        • 体裁:A4判、オールカラー92頁
        • 価格:730円
        • 送料:350円/1部、460円/2部 (まとめてご購入の場合は、送料をお問い合わせ下さい。)
        • 発行日:平成23(2011)年10月8日
        • 内容:平成23年度特別展「古代狭山池と台地開発のはじまり」の展示内容を詳しく解説。
        • 目次:
          第1章 狭山池の幹線水路
          • 狭山池の灌漑水利網
          • 狭山池幹線水路探訪
          第2章 古代東樋筋の開発集落
          • 古墳と土地開発-黒姫山古墳と地域社会-
          • 平尾遺跡-飛鳥時代の開発拠点-
          • 太井遺跡-鋳造工房の出現-
          • 真福寺遺跡-飛鳥時代・平安時代前期の開発拠点(1)-
          • 郡戸遺跡-飛鳥時代・平安時代前期の開発拠点(2)-
          • 河原城遺跡-鍛冶工房の出現-
          • 丹上遺跡-奈良時代の開発拠点-
          • 観音寺遺跡-平安時代後期の開発拠点-
          • 東野廃寺-古代寺院と交通路-
          第3章 古代東樋筋の集落景観
          • 狭山池下流域の条里と道
          • 古代東樋筋の台地開発
          第4章 特別論考
          • 長原遺跡における地形と土地利用の変遷-古墳時代から奈良時代-
          • 灌漑水の獲得
Copyright(c) 2016 大阪府立狭山池博物館 All Rights Reserved.