昭和の狭山池
 

事業の開催状況

大阪狭山市立郷土資料館 移転再開館
2009年6月30日(火)
大阪狭山市立郷土資料館は、平成21(2009)年6月30日付で、大阪狭山市池尻中2丁目に所在する大阪府立狭山池博物館内へ移設されました。当日、午前10時から開催した記念式典では、郷土資料館と狭山池博物館の2館の共同運営主体である大阪狭山市と大阪府を代表して、大阪狭山市長 吉田友好と大阪府富田林土木事務所長 中根慎治が臨席し、両館の館長である工楽館長とともにテープカットを行いました。
狭山池博物館2階 情報コーナーにある郷土資料館の新しい常設展示室では、大阪狭山市域の原始・古代から近現代に至る歴史情報を凝縮して展示解説するとともに、郷土狭山を生涯愛した考古学者、末永雅雄博士(文化勲章受章者・本市名誉市民)の偉大な業績と狭山との関わりをご紹介しています。
記念式典でのテープカット

記念式典でのテープカット
(左から、大阪府立狭山池博物館・大阪狭山市立郷土資料館長 工楽善通、大阪狭山市長 吉田友好、大阪府富田林土木事務所長 中根慎治)


大阪狭山市立郷土資料館の新しい常設展示室

大阪狭山市立郷土資料館の新しい常設展示室
.
大阪狭山市立郷土資料館の大阪府立狭山池博物館への移設
2009年4月~6月
平成21(2009)年4月から、大阪狭山市と大阪府による大阪狭山市立郷土資料館と大阪府立狭山池博物館の共同運営がスタートしました。大阪狭山市立郷土資料館(旧狭山町立郷土資料館)は、昭和56(1981)年にオープンし、狭山ニュータウンに近い今熊の地で開館してきましたが、今回、大阪府立狭山池博物館へその展示機能を移設することになりました。
6月30日の移転開館へ向け、新しい常設展示の準備や、屋外展示品等の搬送を行いました。旧郷土資料館の前庭に保存・展示していた大阪府指定文化財「狭山池石樋蓋」(刳抜式家形石棺の転用材)や、町石などの石造物は、狭山池博物館屋上ガーデンで保存・展示します。
また、大阪狭山市立郷土資料館の開設・運営、文化財保護に多大なご尽力を頂いた、文化勲章受章者・本市名誉市民の末永雅雄博士の胸像も、従来と同様に館入口部分に安置しています。
府指定文化財「狭山池石樋蓋」の搬入

府指定文化財「狭山池石樋蓋」の搬入

「狭山池石樋蓋」の重さは1.6トンもありました

「狭山池石樋蓋」の重さは1.6トンもありました

展示箇所へ慎重に運びます

展示箇所へ慎重に運びます

他の石棺(石樋)材と並べて屋外展示しました

他の石棺(石樋)材と並べて屋外展示しました

末永雅雄博士胸像の搬入

末永雅雄博士胸像の搬入

他の石棺(石樋)材と並べて屋外展示しました

設置箇所まで運搬車に乗車いただきました

設置箇所まで運搬車に乗車いただきました

屋上ガーデンでの設置作業

屋上ガーデンでの設置作業

末永雅雄博士が博物館入口で皆様をお迎えします

末永雅雄博士が博物館入口で皆様をお迎えします

.
大阪狭山市立郷土資料館